嘉数中日記 第135回(平成28年5月13日)

  熊本地震被災地へ義援金を送りました


  嘉数中学校生徒会のボランティア委員会が中心となり進められた、熊本地震被災地への義援金が赤十字社を通して送られました。生徒会が中心になって、すぐに行動に移したことに、生徒のすごさを感じました。


  

  「4月21日に、生徒会から先生方への義援金協力のお願いがありました」



  

 「5月6日の全体朝会でボランティア委員会から義援金の合計の報告と、感謝の言葉がありました」


  

  「赤十字沖縄支部を通して義援金を送ります」



  熊本地震によって、避難生活をする中学生がいます。学校もまだ勉強するには不十分です。このような状況の中で同じ中学生の受検生もいます。勉強したくても、生活が第一なので、受験勉強どころではないでしょう。

  校長先生が「中学生が出来る一番の支援は、日常のこと、勉強を一生懸命頑張ることです」と言いました。

  被災地の中学生で「勉強したくてもできない生徒がいる」ことを思い、日常のこと、勉強を一生懸命頑張ってください。


  みなさんの温かい心の義援金11万4,591円が送られました。

  みなさんの温かい心は、被災地の人たちを勇気づけることでしょう。

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図