嘉数中日記 第194回(平成28年9月27日)

   中頭地区陸上競技大会(続応援団編)


  去った9月23日の中頭地区陸上競技大会で、本校は最高得票数で応援団賞を獲得しました。

  昨日の職員室では「嘉数中学校にとって、応援団賞は初めてではないか」ということが話にのぼりました。

  
  応援団賞をとれた理由を写真で紹介します。


  1.応援する生徒の顔は、笑顔でした。


  



  2.「KKZ」と描かれた旗が応援を引き立てました。校長先生のアイデアです。
    旗担当の生徒は、1日旗を持ち振り続けました。

 
  



  3.応援団を統率する応援リーダーが、常に考えた応援の指示を与えていました。


  



  4.太鼓を使用して、応援にリズムを出し、応援団を奮い立たせました。


  


  他にも、声がよく出る野球部をスタンドの中心にしました。

  午前の終わり(他校の応援が少なくなる)からが勝負とみて、応援に力を入れました。


  応援団賞を獲得して、帰り応援団のバスの中では、1年・2年の応援団リーダーが来年の地区陸上大会へ向けての応援について話が弾んでいました。


  応援団賞獲得は、嘉数中学校の生徒に、努力することの大切さ(毎日練習してきた)、学校への思い(誇り)、連帯(和)の凄さ等色々なことを学ばせてくれました。

  


  
  
  

  

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図