嘉数中日記 第198回(平成28年10月4日)

   「天声人語」の書写で文章力は上がるのか・・・



  嘉数中学校では、毎週月曜日の放課後(月曜日できない場合は火曜日の朝)、天声人語の書写をしています。

  はたして、天声人語を書写することによって、実際文章力は上がるのか・・・・・

  実際に2年間「天声人語」を毎日書写した人の感想です。
  『 「文章力が格段に向上した」と言えます。その理由を以下紹介します。』


  

  「9月27日の「天声人語」の書写の姿です。静かで真剣な姿で取り組んでいます」


  1.自分で文章を書くとき、文章の「型」や「展開」の頭での構築が早くなり、感情移入すべきところ
    や結論をどこでどう書くべきかできるようになりました。


  

  「鉛筆の音だけが聞こえます」

  
  2.新聞コラムは名文です。名文を書き写す、というのは遠回りのようで実は一番近い文章
    上達法です。


  

  「どの学級でもこういう姿が当然ようになっています」


  3.書写という行為は色々気づきがあります。続けることで自分にも自信がつきます。
    更には書いている人の心情が理解できるようになり、結果として感情豊かな文章が
    書けるようになります。


    「天声人語」の書写は確実に学力向上に繋がっています。




  

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図