嘉数中日記 第202回(平成28年10月11日)

   校長講話「強い個人とやさしい一員」



  去った10月7日の全体朝会は校長講話でした。


  

 演題は、「強い個人とやさしい一員
       〜一人はみんなのために みんなは一人のために〜」です。


  

  「集団から離れ、嘉数中学校という責任を背負い、一人で走る島袋君は強い個人です」


  

  「一人走る島袋君を支え応援する一人一人は、やさしい一員です」


  

  「どうやって強い個人になるか
 
   他人のせいにしない
   ・○○だから練習行きたくない
   ・○○だから宿題やりたくない
   ・○○だから次の授業出たくない

   実は全部自分で決めている
   (心の中のもう一人の自分と戦う)
   ○○だけどやる、○○だけどやらない


  

  「校長先生の話を真剣に聞く生徒達」

 
    校長先生は「今年の地区陸上競技大会、選手も応援団も笑顔だった。嘉数中学校が
  一人はみんなのために。みんなは一人のために。を示したとても素晴らしい大会だった」と
  結びました。

  

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図