嘉数中日記 第204回(平成28年10月14日)

   駅伝試走会

 

  地区中体連大会が終わり、地区駅伝大会へ向けて練習を開始した嘉数中学校です。

  早速、10月9日に実際のコースの一部を走った生徒達です。


  

  「ウオーミングアップでは余裕の生徒達。しかしその後に・・・・・」


  

  「長く続く坂を走る生徒達。もう余裕はない。苦しくて・・・・・」


  

  「何て長い坂なんだろう。苦しくても走り続けるしかない」


  

  「走りきりました。苦しくて、もう話す余裕なんてありません」


  駅伝は、一本のたすきを一人一人がつないでいかなければなりません。

  長い距離を一人で走る。自分が次の人にたすきをつながないと、チームは棄権となります。

  校長講話で話された、「責任を持った『強い個人』」でなければなりません。

  駅伝の練習は「強い個人」になるためのものです。


 


  


 

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図