嘉数中日記 第262回(平成29年2月10日)

   幸せになった話


  一昨日の2月8日(水)の午後5時過ぎに職員室に電話がかかってきました。
  中学1年生のN君のおばあちゃんからの電話でした。

  おばあちゃん「A先生いますか。」

  教頭先生「もう、帰っていますが、何か伝言しておきますか。」

  おばあちゃん「私は中学1年生のNのおばあちゃんですけど、
           朝、制服が破れていて、直す時間がなくてそのまま登校させました。
           Nが家に帰ってきてみると、制服が直されていました。」

          「Nから聞くと『A先生が直した』とのことです。
           それで、お礼を言いたいと思いまして。
           明日、また電話したいと思います。」

  教頭先生「ありがとうございます。よろしくお願いします。」


  翌日の職員朝会で、教頭先生から
  「N君のおばあちゃんから、制服を直してくれたことで、感謝の電話がありました。」

  「校長講話の中で『仕事には誰かを幸せにする力がある』とありましたが、
   感謝の電話も、この言葉の一つだと思います。」

  全職員から拍手がおきました。


  生徒のために、一丸となって頑張っている嘉数中学校の全職員です。
 


  

  

           


  

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図