嘉數中日記第348回   平成29年9月12日

本物の赤ちゃんを抱く


9月8日金曜日、宜野湾市保険相談センター主催で赤ちゃん抱っこ体験を行いました。

参加したのは2学年を代表して2組の皆さんです・

保険相談センターの方から説明を受けます。


自分もそうだった。自分では何にもできない、小さな柔らかな赤ちゃんを、安全にどうやって抱っこするか。緊張します。

最初人形で練習した後、いよいよ本物の赤ちゃんとの対面です。

まだまだ緊張がほぐれません。

でも時間と共に抱っこのコツもわかってきて、ゆとりと共にかわいらしさを感じることもきるようになりました。





赤ちゃんもすっかり安心してぐっすり眠り始めました。


この日は抱っこ体験だけでなく、妊婦の疑似体験もありました。疑似なので、重いおもりはすぐはずせます。お母さんになる人ははずせません。想像力、それを想像できる力がありますか?

最後にみんなでまとめます。

  卒業生の言葉から

   子ども育てるのって大変ですか
   私は赤ちゃんの笑顔が好きなのではやく子どもがほしいです

   でも将来本当にお母さんになったとき
   子どもの質問に答えられるように
   勉強を教えられるように
   夕飯の準備をしながら
   宿題をみてあげられるようになりたい

   だから、今は、いろんなことを学びたい

 






サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図