嘉数中日記第275号  平成30年5月30日(木)

第45回中頭地区中学校総合体育大会 選手激励会


6月1日(金)から中体蓮最大のイベント中頭地区夏季総体が開催されます。

地区大会を勝ち進むと、県大会、九州大会、全国大会へと続きます。

頂点に立つのは、わずか一校のみ。暑さ、寒さ、遊びたいのを我慢して

厳しい練習を繰り返す中で、「道」を歩んできました。

大切なことは全力を出し切ること。本当に心の底から泣けること。

本当の「強さ」とは勝ち続けることだけではない。
どんな場面になっても、自分の信念を持ち続けることができること。
仲間を信じることができること。みんなで支え合えること。

いつも支えてくれる吹奏楽部の皆さん。今年も野球部応援で読谷球場へ。


応援のことば(源河 美成)

 いよいよ最後の中体連が近づいてきました。これまで、それぞれの部が目標に向けて日々練習に励んできたと思います。
 私たちも1年生の頃からみなさんのボールを追いかける姿、汗をかきながら走る姿を見てきました。
 部活生の頑張っている姿はとてもかっこいいです。
 しかし、時には「部が辛い。」「辞めようかな。」と悩んだことがあったかもしれません。けれど、そこにはいつも側に「頼れる仲間」がいたと思います。みんなで続けてきたからこそ、味わうことのできた経験や成長した自分があったと思います。
 私たちは、みなさんの3年間を応援団として支えたいと思います。
 応援メンバーは仲間のために自分が出来ることをし、サポートしていきましょう!
 選手のみなさん、中体連まで残りわずかですが、体調管理をしっかり行い、悔いのないよう全力で頑張ってください。応援しています!

 
 

 「道」であれ              
  すべて「道で」あれ。
 勝つためだけではなく、その活動を通して学んだことを日常生活の中で、
 稽古場以外でその心を保てる「道」の集団であれ。
 それが嘉数なのだ。
 「道」であれ。
 

   

 


 


サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図