嘉数中日記第324回   平成30年10月24日

大切な忘れ物


火曜日の朝、2階に上がってみる。朝の読書の時間で、フロアは全く物音がしない。

その中央、図書室の前・・今日も綺麗な花が迎えてくれる。

どのフロアも本当に質の高い静けさが漂う。ふと図書室の上を見ると

十がつ
仲間と一つのことに向き合うとき
まとめる人
はじける人
面倒だとぐちる人
いろんな人が見えてくる
仲間と過ごした
この時間は
必ず輝きだすから
だからみんなつながって
今を大切にしたいのです
 

 10月の季節のことばです。
 これは運動会の前に掲示された。
 台風ラッシュで苦しかったあのとき、一生懸命やってもうまくいかなかった。
 あの時、この言葉をどう受け止めていたんだろう・・・
 そして終わった後、読みかえして、どう思うのだろう・・・・・


苗のポット上げが終わった。その数3000本。

ベゴニアも今は直径1円玉程度の大きさしかない。あけて春三月には、あふれんばかりの大きな花の塊になる。
みんなも一緒に学んで大きくなろう!


夢を持つことで不安になることもある。
思い通りにならないこともたくさんある。
でもそれは決して悪いことではない
思い通りに行かない方がワクワクするんです。
             喜多川泰

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図