嘉数中日記第336回   平成30年11月22日

中頭第一ブロック音楽発表会



期末テスト最終日、この日は中頭地区第1ブロック音楽発表会。

先週の校内合唱コンクールで学校代表になった3チームは2時間目の試験終了後、一時間合唱練習をして昼食。

ハードスケジュールですが、充実の笑顔です。

昼食を済ませて市民会館へ。

開会までそれぞれにウォーミングアップは続きます。



それぞれに想いをのせてステージへ。



緊張と3年間、そして今なお揺れる中学生


歌い終えて、記念撮影。積み上げていく時間が背中を押します。
客席で聴いていて、「みんないい歌だな・・・」と、思った。
最近の合唱曲は歌っている中学生に本当に見事に重なって、胸が熱くなります。
3年生は残り実質3ヶ月あまり・・まだまだ、我慢の川は続いていく。いやもっと厳しくなる。
進路はどれだけ本気なのか・・・どんどん攻めてきます。
ごまかさずに胸を張って前へ進んでほしい


ほらね     作詞 伊東恵司
        作曲 松下 耕

川は風と語り合っているよ
鳥は花と触れ合っているよ
日差しは木の葉とじゃれあっているよ
雨は蛙と頷き合っているよ

ほらね
僕らは一人じゃない
きっとね
誰も一人じゃない

それでも悲しい日があったら
涙が止まらない日があったら
ゆっくりそっと歌を歌おう
思い出詰まったあの歌を
うたはあなたの大切なともだち
いつもそばいる大切なともだちだから

魚は波と競い合っているよ
山は雲と呼び合っているよ
窓はピアノと微笑み合っているよ
雪は灯りと見つめ合っているよ

ほらね
僕らは一人じゃない
きっとね
誰も一人じゃない

それでも寂しい夜があったら
どうしても眠れない夜があったら
ゆっくりそっと歌を歌おう
微笑み詰まったあの歌を
うたはあなたの大切なともだち
いつもそばいる大切なともだちだから

 

 



サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図